未分類

26歳の大学生

毎年、スタバの「サクラ🌸」シリーズが出ると思い出す。
 
 
ーーー東京で2年間、
救命ナースとして必死に毎日を過ごし
膠原病で入退院を繰り返したのちに、
 

主治医からの通告

「このままだとあと3年は持たないよ。

 
 看護師を続けたいなら、もっとゆっくり働ける病院に行きなさい」
 
 
” 無期限休養 ”という診断書をもらう。
 
 
いろんな葛藤もあったし、
まともに飛行機で帰ってこれないほど
体調は悪化していたけど、
 
 
北海道に戻ってからはフシギと元気に過ごせることが増えた。
 
道内でも大きな病院(懲りずにまた急性期( ̄∀ ̄))に再就職し、
2年間、入院せずに元気に働けたのが自信になって
 
 
ずっと諦めてた助産師の夢を追うことに☺️

入院せず休まず勤務できたことは
当時まだ病気を受け入れてなかった私にとって
 

治った!!!

 
ものと信じこんでいたので、

「看護師よりハードなのに」
と心配してくれてた周囲の家族や同級生に
 
 
「受かったらの話だから…」
と濁しつつ、めちゃくちゃ勉強した。
 
 
受験を決めたのは11月、、大学院の試験は1月(笑)
 
 
来年が本番のつもりで、
まずは大学院の受験を経験してこようと思って勉強した。
 
とは言っても負けずぎらいなので、めちゃくちゃ勉強した。
 
 
 
 
 
師長さんにだけは、
万が一受かったら(可能性は低いけれど)3月で退職したい旨、

仕事は今までと変わらず手抜きは一切しないことをお話して、応援していただいていた。
 
 
 
専門学校卒で、大卒の資格がない代わりに
職場での勤務態度や評価などの提出が必要で、お忙しい中で丁寧に書いてくださった。
 
 
 
勤務後に家で勉強しようとすると疲れていて寝てしまうので、
近くのスタバで出勤前には1時間、勤務後は2時間と決めて、毎日勉強した。
 
 
 
やりたいこと、目標が明確だったから楽しかった!
 
 
 
点滴につながれて
ベッドの上で寝てるしかなかったあの苦しさを。
同期がいろんな経験を積んでいく中、
自分だけが時が止まってるような苦しさを。
思い出したら、
受かる可能性なんてないとハッキリ言われても
全然辛くなくて、頑張れる状況が幸せだった🤣
 
 
 
 
『楽しい』は無敵なんだと思う。
 
 
 
つい2ヶ月前に受験を決めて、
記憶力の低下を感じながらも楽しく勉強して
専門学校では経験しなかった論文を書く練習。
当日は39度の熱を出し遅刻しながらも
なぜか、受かった(笑)
※インフルの陰性を確認して行きましたw
 
 
 
 
 
*******
お産を取り上げるだけじゃなくて、
「女性の一生のサポートがしたい」
 
 
 
そう思って、もっと深く学べる大学院での
助産師課程を第一希望に選んだ。
日本初の専門職大学院。
 
 
通常の助産師学校では
「10例の分娩」を国家試験が終わっても
卒業式ギリギリまでかけて
なんとか取得する…という厳しい状況の中で、
 
 
私の通った大学院では
1年目に10例しっかり経験して、
さらに2年目には
 
 
*助産院への住み込み実習
*NICU、MFICU(母体・胎児集中治療室)
*子育て支援
*不妊治療
*海外での助産活動
(マダガスカルでの助産師活動)
*性教育
などが学べた。
 
 
 
有名な施設や、日本助産師会のトップで活躍されている先生たちから、直接手を添えての分娩指導を受けたり、地域・家族との関わりを間近で見せていただくことができた。
 
 
憧れてた大学生活とは違って、
とっっっっっても大変な2年間だったけど(笑)
 
そして結局3年後には、またドクターストップが
出て現場を退くことになったけど、
 
 
 
一生懸命やってきたこと
一瞬、一瞬を頭と心に刻むように学んできたこと
全力でやってきたから
自分の経験を信じることができている。
 
 
 
誰より熱意を持って学んだし、実践してきたと、
自分がそう信じられるような自分でいたから、
 
だからフィールドは変わっても
苦悩はあったけれど、やるべきことは変わらない
 
 
 
 
 
大切な場面で学生の関わりを受け入れてくれた
お母さん達、赤ちゃんやご家族の皆さん、
指導してくださった現場の皆さんや先生たち、
快く送り出してくれた前病院の先輩たち
(人手不足なのに、とっても喜んでお祝いしてくれました😭)
 
 
 
みんなに直接はお返しできないけれど
関わることのできるご家族や、子ども達、
発信を見てくれる誰かに、
 
何かの役に立てたら嬉しいなって思う☺️
 
 
スタバの「さくら🌸」が出ると
毎年振り返るりたくなる(*´꒳`*)
 
 
そんな私だから出来る性教育。
小児科医の加藤先生と
HSPの資格を持つスーパーナースたまちゃんと。
お申込みは150人を越えているそうです🎉㊗️
 
 
 
 
お話できる場をいただけること、
とても幸せです(*´꒳`*)❤️
 
 
 
紆余曲折ありーの私のセカンドキャリアの話も
どこかで開催したいな♪