突然鳴るから面白いのが電話

 

しかもおしゃべりしますから!

 

 

 

1歳児の成長というのは、

驚くべきものがあります。

 

とにかく、何でも

よく真似をします。

 

しかも上手ですよ。

 

一説によれば、学ぶの語源は

「まねる」からなのだそうです。

 

 

さて、はーちゃんのお気に入りも、

少しばかり変わってきましたよ。

 

そうです電話です。

 

しかも、かなり

笑わせてくれます。

「もしもし」

「はい、はい」

 

本当に誰かとお話し

しているようです。

 

でも、パパの携帯電話

取り返さなければいけません。

 

ボタンなどドンドン

押しまくってますよ。

 

いつかだれかに

通じてしまいますから。

 

はーちゃんを知らない相手の人が

びっくりしてしまいますよね。

 

 

パパは心を鬼にして

電話を取り上げました。

 

 

すると、どうでしょう。

 

はーちゃんは、

携帯電話を作ってしまいました!

 

エアー電話?

それともボケ?

携帯の呼び出し音がなると、

そこらへんにあるものを取り上げて、

「もしもし」とお話を始めました。

 

あんまりかわいいので、

ときどき呼び出し音を

わざと鳴らして遊びます。

 

 

「これは、でかすぎるだろー」

大昔の携帯か!

(でもチョー薄型ですね)

パパの突っ込みを気にする風もなく、

 

「あー、もしもし?」

 

はーちゃんはお仕事

続けていました。

 

なかなか、キマッテルでしょ。

 

 

はーちゃんも、

仕事でつかれたら・・・

すぐに寝ます。

 

赤ちゃんの成長と

健康のためには

睡眠はとても大切ですね。

 

イタズラばかりで

目の離せないはーちゃんも、

寝てしまえばこっちのものです。

 

チューしても、

すりすりしても起きませんから。

 

この間にママもパパも、

たまっている仕事を片付けます。

 

ときには、一緒に

添い寝してしまいます。

 

これがまた、

幸せなのでした。

 

 

はーちゃんは目を覚ますと、

こんな感じです。

そうです。

仕事(遊ぶもの)を探しております。

 

すでに危険と思われるものは、

高い所に移動済みですから、

自由にさせています。

 

しかし、ガチャガチャと

なにも音がしないときは、

かえって要注意ですね。

 

そのため何をしているか、

必ず確認していましたよ。

 

きっと自分が赤ちゃんだった頃も、

そうだったに違いありませんが、

大人の想像をこえた

遊びをしますからね。

 

また、

そこが面白いとは言えるかも。

 

はーちゃんは口の中に物を入れて、

飲み込んでしまうことはなかったので、

多少は安心していられました。

(広告チラシは食べていたような)

 

 

ところで、はーちゃんには

ジジとババはいませんが、

近所にとても可愛がってくれる

叔父と叔母がいます。

 

おばさんが私の実姉ですが、

血筋(DNA)は確かに

つながっていると感じます。

 

はーちゃんは、

不思議とおばさんに

似ているのです。

 

 

そのおばちゃんが買ってくれた、

ハチの着ぐるみを試着しました。

冬の間は、

あったかくて良いかも。

(帽子もあります)

 

ありがとうございました。

 

大きくなった今では、

叔母の所へ一人でも

遊びに行くようです。

 

 

1才のはーちゃんシリーズ?は、

もう少し続きそうです。

 

 

 

 

 

次はパパ甘々なので、

怒れませんという話。

👇👇👇👇

叱るのは苦手です
 

 

やっぱりママにお願いしますよ(=゚ω゚)ノ