HSKを知らなかったパパ💦

 

台湾から帰国してすぐ、

中国語検定にも挑戦しようとググりました。

 

 

するとHSKのホームページに、

以下のような説明がありました。

 

 

◇◇◇◇◇◇

 

数ある中国語検定の中でも、

HSKは中国政府教育部(日本の文部科学省に相当)

直属の機関である「孔子学院总部/国家汉办」

が主催し、中国政府が認定する資格です。

(主催団体は、中国政府教育部 孔子学院总部/国家汉办)

 

そのため、HSKの成績報告は、

中国国内だけでなく、日本国内、

そして世界中で公的証明として

活用することができます。

 

◇◇◇◇◇◇

 

 

なんだか漢字がいっぱいですが、

世界に通用する検定試験のようです。

 

 

なので受験することを即決しました。

 

とりあえず中学受験に影響がないよう、

現在の学力で合格する級を受けてみます。

 

 

 

試しに過去問をやってみた!

 

はーちゃんは「簡単だー」と、

涼しい顔をしていました。

 

管理人も覗いてみましたが・・

チンプンカンプンじゃないか!

 

さっそく採点してみると、

合格ラインには到達していました。

 

これならもっと上の級も狙えたかも・・

 

この調子で過去問をもう少しやれば、

合格は間違いないと思っていますよ。

 

 

さらに次のターゲットは、

韓国語検定を狙っています💛

 

 

 

実はこれも中学受験対策

 

いろいろ調べてみたところ、

中学受験に必要なものは、

学力以外の何かだと思ったのです。

 

そもそも小学生の段階で、

学力を決めつけてしまうのは、

将来の可能性も無視する暴挙ですよ。

 

実際に合格している子供の学力だって、

偏差値65以上とか決まってないのですから!

(偏差値が低い子供も合格してたりする)

 

だから今頃何してんの?

という声を無視して柔道も続けています。

 

 

 

もちろん、

勉強も一緒にやってますよ。

👇👇👇

 

受験対策の担当です