丈夫な体を作ることが基本ですね

 

受け身を習得すれば一生役に立ちます

 

 

 

はーちゃんが道場へ通い始めて、

早くも5カ月くらい経ちました。

 

何年も通っている子供たちにも、

見劣りしなくなってきましたよ。

 

 

ところで、はーちゃんの語学力は、

親ばかのパパが言うのもなんですが、

大したものだと思います。

 

しかし、語学力は良きツールですが、

その伝えるべき良いコンテンツが

本人に備わっているかが重要ですね。

 

はーちゃんに身に付けさせたい

財産として柔道を始めたのでした。

 

人に盗まれる心配もありません。

健康にも良く、体力も増進します。

 

なにより受け身を覚えることで、

大きな怪我をすることが少なくなる

ことを期待しています。

 

はーちゃんも、柔道の技を覚えるのが

とても楽しいようですよ。

 

今年の春に短期留学したフランスでも、

柔道は大変な人気スポーツのようでした。

(柔道人口は本家の日本より多い)

 

いつかロシアのプーチンさんと、

親善試合でも出来たらいいな。

などと、勝手に想像を膨らませています。

 

それに、礼儀正しくなりますよ。

みんな挨拶がしっかりできています。

良き日本の伝統文化ですね。

 

ちなみに、はーちゃんは寝技が得意です。

体格は小柄ですが、袈裟固(けさがため)

と言う技が決まれば勝つ可能性大です。

 

これは物心ついたころから寝る前に、

布団でじゃれあって遊んだ賜物です。

 

その遊びの名前は「腹ブー」

と呼んでいます。

 

 

「腹ブー」の遊びかた

 

相手のお腹に口を当て、

思い切り息を吹いて音を出し、

笑わせた方が勝ちというものです。

 

単純な遊びですが、相手を仰向けに

固定しなければなりません。

 

これが、なかなか難しいのです。

くんずほぐれつで結構体力がつきました。

 

はーちゃんが小さい時は、

わざと負けていましたが

今では、真剣勝負ですよ。

 

こうした土台の上に寝技が

得意になった遠因がありました。

 

ちなみにパパも柔道をたしなみます。

(これでも黒帯ですよ)

 

パパが病気になったものだから、

本気で戦えなくなったのは残念です。

 

最近では、はーちゃんが手加減

してくれるようになりました。

 

あなたにも、もし小さなお子さんが

いるのなら、いまのうちに

「腹ブー」で遊んでみませんか。

 

親子のきずなが深まること、

請け合いです。

 

 

ちょっとブレイク

 

パパの大きなパジャマでお腹を守ります。

パパのパジャマで

(4才1カ月)

 

さあ、「腹ブー」スタート!

腹ブースタート

かえって動きにくかったかもね。

 

いつもママには、

うるさいと叱られました。

 

確かに近所迷惑ではあったかも。

「どーも、スミマセンでした!」