天から授かった赤ちゃん

 

結果的に男の子で良かったです

 

 

 

実を言うとパパは、

女の子がほしかったのです。

 

ところが、はーちゃんを

育ててみて、男でよかったと

思うことが多いのですよ。

 

きっと女の子だったら、

謎だらけで非常に

困ったと思います。

 

ママにお任せしてしまう

ことが、増えてしまった

かもしれません。

 

はーちゃんとは男同士なので、

考えていることが経験上

ある程度はわかるからです。

 

しかも、女の子みたいに、

はーちゃんはかわいいのですよ。

(親バカですみません)

 

 

どうぞ、こんな親バカにお付き合い

願いまして、はーちゃんをよろしく

お願いいたします。

 

きっと良い子に、良い人間に

育てたいと思います。

 

 

 

はーちゃん登場

 

さて、窓の外は雪景色、我が家の

妖精は何をしているのでしょうか。

はーちゃんは1才と2カ月です。

 

大きくなったら、

どこへ行くのでしょう。

 

大きく羽ばたいて、

世界中どこでも

自由自在に生きて下さい。

 

「さびしいよー!」

 

 

そのためには、

ご飯は欠かせませんね。

 

大きくなった今でも、

朝は納豆ご飯でスタートです。

 

 

アレレすごいことになっていますよ。

「うわーっ大変」と思うか、

「おおー上手!」と思うかが

大事なところですね。

 

 

はーちゃんが一人で

ご飯を食べる練習ですよ、

うれしいことですわー。

私も少し手伝います。

 

こうして食欲があるうちは

元気な証拠、安心ですね。

 

よごしたり、散らかしたり、

壊したりするのは

赤ちゃんのお仕事ですよ。

 

 

順調に成長しているから

できることだと、

感謝しつつお片付けします。

 

 

2か月前は、不二家のダンシング

ペコちゃんを怖がっていたのに・・

いまはテーブルの上で

ダンシングはーちゃん

と化しています。

 

 

そうそう、

一人でテーブル山にも

登れるようになりました。

 

最近はこの山が

遊び場になっています。

 

たとえばこんな風に、

すべり台にもなっています。

「はーちゃん、さようならー」

じわじわとすべっていきます。

外で遊べない日は、

お部屋の中にすべり台

設置されました。

 

 

段ボール箱でも作りましたよ。

こちらはよくすべりました。

お正月に家族でゲットした福箱は、

その後もいろいろと活躍しています。

 

 

はーちゃんハウスにもなりました。

かくれんぼしているようです。

「はーちゃん、どこ?」

「はーちゃーん」と、言いながら

少しづつ近づくと大興奮します。

「はーちゃん、いたー!」

「よかったー」と言って遊びました。

 

 

こうして、いっしょに遊ぶ時間

人生の宝です。幸せです、感謝。

 

 

 

あれあれ?なんだか静かに

なったと思ったら・・・

お昼寝しちゃいましたよ。

 

かわいいので、

近づいてよく眺めます。

充電(おひるね)が完了したら、

またあそぼうね。

 

 

このままいっしょに、

横になって見ていたいけど、

大人はそうもいきません。

 

たまっている仕事をこなしましょう。

 

 

 

 

 

さて、遊び方もだいぶ上手に

なってきましたが、

やはり本物が良いようで・・・

👇👇👇👇

ナンチャッテ電話
 

子供に携帯電話を持たせるのは、

何年生からが良いのでしょうか?