医者は名医もヤブ医者も料金は同じ

 

説明のない検査も多すぎるのが現実

 

 

 

新しい押し売り商法ではありませんよ。

ときどきお医者さまが行う手法です。

 

ただしこの方法は、他の業種では

認められないのでご注意ください。

 

 

先日も前の病院で検査した詳細データと、

紹介状を持って新しい病院に行きました。

 

そこで、また有無を言わさず同じ検査を

受けさせられました。

 

8千円程の請求でした。

病因の売り上げは3分の10だから、

27000円位ですね。

 

データを比べても、前の結果と

ほとんど変わったところはありません。

 

無駄に大切な血液とお金を

取られてしまいました。

 

最初に、「検査しますけどいいですか」と

聞いてくれても良いのではないでしょうか。

 

断るタイミングもなく終了してしまい、

会計で大金を請求されました。

 

今度は騙されないように、

十分注意していきます。

 

 

日本では、お客様は神様じゃなかったかな。

客が神という信仰が定着して久しいけど、

(この考えもおかしいのですが)

 

医療現場においては、例外でありました。

お医者様が神様なのです。

 

だまって、託宣を聞いて言われた金額を

捧げるようになっています。

 

また、診断が間違っていても

文句は言われない仕組みです。

 

名医でも、やぶ医者でも、

治療に失敗しても同じ点数ですよ。

(点数で料金が決まっている)

 

一度はまったらやめられない、

おいしい仕事があったものですね。

 

 

まとめ

 

お医者様は必要がない検査も、

毎回やりたがる傾向があるので、

初めにお断りするのがコツです。

 

名医に当たれば超ラッキーですが、

残念ながら滅多にありませんね。

 

自己防衛のためには、医学的な知識も

勉強しておくことをお勧めします。

 

 

 

 

ちょっとブレイク

 

はーちゃんは、音楽にも興味がありそうです。

はーちゃんの写真(ギター)

(3才6カ月)

体よりギターの方が大きいかな。

持ち方の向きも逆だけど、オッケー。

 

 

侍戦隊シンケンジャーが流行りました。

パパはこの剣で何度切られたことか・・

 

はーちゃんの写真(刀)

(3才10カ月)

おもちゃの剣が変形しても遊びました。

ちなみにパパは桃太郎侍が好きでした。

 

 

 

レンジャーの次は、仮面ライダーオーズです。

手作りのライダーベルトで遊んでいます。

はーちゃんの写真(ベルト)

(3才11カ月)

変身すると急に強くなるから、

パパは痛かったよ。

 

こちらはオーズの相棒アンクです。

はーちゃんの写真(アンク)

(4才の誕生日)

手首の部分がアンクですよ。

作るのに何日もかかりました。

(保育園の園長先生に褒められた)

 

これまたアンクがのりうつると、

はーちゃんは強くなって、

パパを倒すのでした。

 

 

忘れちゃならない、

このシリーズでも・・・

はーちゃんの写真(ウルトラ)

(4才0カ月)

何度も倒されました。

 

 

はーちゃんと遊ぶのは

本当に楽しかったよ。

 

最近は体がポンコツになったので、

戦えなくなりました。残念。

 

でも、もう十分でしょう?

はーちゃん。