少数派のやることは非難されやすい

 

みんながやっていることは悪い事も許される?

 

 

 

悪いことをして、捕まった時の言い訳に

「みんなやっているから」

と言うのがありますね。

 

何を隠そう管理人もその一人でした。

今はさすがにやめましたよ。

 

善悪の判断は、自分自身の責任で

することに決めたからです。

 

 

管理人は15年くらい前まで、

飲酒運転をしていました。

 

やめたきっかけは、

検問で捕まったからです。

 

みんなやっているのに!

「俺だけ捕まえるのは不公平だ、

このやろうー!」と吠えていました。

 

なんて運が悪かったんだと、

その時はぼやきました。

 

とても運が良かったと、

今ではそう思っています。

 

おかげで2度と飲酒運転を

しなくなりました。

 

さらに今のところ、

ずーと無事故で過ごしています。

 

警察の取り締まり方法については、

文句もあるし意見もあります。

 

でも、管理人にとっては

結果的にオーライでした。

 

自分で判断した責任は、

自分で取るのが大人ですよね。

 

だからもう二度と、

「みんなやっているから」

とは言いません。

 

ここの管理人は、

みんなが死んだとしても、

死にませんから。

 

 

最後になりましたが、

有名な古典的ジョークを紹介します。

 

 

 

豪華客船が沈没する時の声かけ

 

 

様々な民族の人が乗った豪華客船が

沈没しそうになった時に、それぞれの

乗客を海に飛び込ませる方法です。

 

国民性を見事につかんだジョークですよ。

 

 

【ロシア人】には、海の方をさして、

「あっちにウォッカが流れていきました」

と伝える。

 

【イタリア人】には、「美女が泳いでます」

と伝える。

 

【フランス人】には、「決して海には

飛び込まないで下さい」と伝える。

 

【イギリス人には、「こういうときにこそ

紳士は海に飛び込むものです」と伝える。

 

【ドイツ人】には、 「規則ですので

飛び込んでください」と伝える。

 

【アメリカ人】には、「今飛び込めば貴方は

ヒーローになれるでしょう」と伝える。

 

【中国人】には、「おいしい食材が

泳いでますよ」と伝える。

 

【日本人】には、「みなさん飛び込んでますよ」

と伝える。

 

 

あなたは笑えますか?それとも

笑えないジョークでしょうか。

 

 

 

日本では少し田舎に行くと、

サルに注意

こんな看板をよく見かけますね。

 

 

実際には都会にもサルは存在して、

しかも多数を占めているようです。

 

 

日本では自分の頭で考える人間の方が、

昔から少数派だったのでしょうか。

 

 

あれ?看板をよく見ると、

「猿にならないよう注意」

と書かれていたようです。

 

管理人は深く反省したのでした。