NHK勝訴判決はウソだった!

 

本当の意味では敗訴に近い

 

 

 

NHKにとって「サイコーさぃ!」

といえる最高裁の判決が出ました。

 

契約締結の自由もなんのその、

放送法は合憲ですだって。

 

やっぱりという感じ。

まあ、裁判所も仲間だからね。

予想通りの判決結果にがっかり。

 

毎度のことですが全ての放送局が、

一斉に同じ内容の報道をしていました。

 

なんだか「NHKが勝ったどー」

「受信料払えよー」と聞こえます。

 

さて、NHKが喜んで報道するのは

わかるけど、民放各社も同じことを

言うのには違和感をおぼえました。

 

しかし、ちょっと待てよ・・・

テレビの報道はウソが多いので、

判決文を自分で読んでみました。

 

今どき、何でもネットで読めますよ。

そういうひと手間を惜しむから、

好き放題にダマされるのですね。

 

受信契約締結承諾等請求事件の判決文

 

わざと読みにくく書かれていますので、

見るのは主文だけでOKですよ。

 

そこには、

本件各上告を棄却する。

各上告費用は各上告人の負担とする。

と、ありました。

 

原告のNHKと被告のどちらの

言い分も否定してますよ。

 

そして上告にかかった

裁判費用はそれぞれで負担しなさい。

 

ということですね。

これって引き分けじゃない?

 

それどころか、NHKが何としても

認めてほしかった所が否定されました。

 

NHKが契約をするよう視聴者に対して

申し込んだ後、2週間経てば契約成立

 

の、お墨付きがほしくて上告したのに・・

 

原告が受信設備設置者との間で受信契約を

締結することを要しないで受信料を徴収

することができるのに等しい結果となる

ことを認めることは相当でない。

(判決文から)

 

と、いうことは敗訴に近いじゃん!

 

 

今回の判決によれば

 

受信料を取るためには、

個別に裁判を起こして判決を

もらう必要がある。

 

さらに言えば、訴訟費用には

一番お金がかかる弁護士費用

含まれないから(被告に請求できない)

 

勝つことはわかっていても、

裁判のつど大変な費用がかかる。

 

しかも、受信料の不払いは

大本営の発表でも4人に1人。

一説では2人に1人らしい。

 

この数千万の人達に対して、

個別に訴訟を起こすのは無理!?

 

だから実質ではNHKの敗訴かもね。

 

このように大事なところは、

絶対に報道しないのが日本です。

 

 

重要なことは読みにくい

 

あなたもご存知のように、

大事なことはむずかしく、

読みにくく書かれています。

 

契約書面や、広告の注意書きなど

面倒だからいいやと思わせる手口。

 

その先端を行くのが法律用語です。

 

誰にでもわかる言葉を使って、

大事なことを伝えることは

タブーなのでしょう。

 

だって、意訳する人が介入することで、

真実を隠すことができるシステムだから。

 

良い例が海外ニュースの翻訳ですよ。

誰かのさじ加減によって内容が変わる。

 

これも、日本人に英語を覚えてほしくない

最大の理由だと私は思っています。

(日本の英語教育はうまく機能してきた)

 

 

だから私は、老眼にむち打って、

細かい文字も読むよう努めています。