主権を仮に与えたものを権力と言います

 

国民が権力者達から頭を下げられる瞬間

 

 

 

 

今日は総選挙です。

日本の未来を決める大事な日ですね。

 

日本は主権在民です。

しかし、その権利を行使できるのは

選挙しかありません。

 

投票先がわからないのは、

主権者の私達に関心を持ってほしくない

ヒトたちが情報を抑えているからかもね。

 

他国の選挙をみれば、半年も一年もかけて

選挙の番組を放送していますよ。

 

この違いが、恐ろしく感じます。

とくに、今回の選挙の盛り上がりのなさは

異常事態ですよ。

 

あえて、選挙の話題を放送しなかった。

みんな判断に困るのも当然です。

 

その分、芸能人のネタやら

くだらない内容をずーと垂れ流し

していましたよね。

 

放送局は、責任を感じないのか。

そーむ省が怖いのか。

その辺はわかりません。

 

いずれにしろ、あえて選挙を

盛り上げないようにしていた

疑いを持っています。

 

 

象徴的なのは、最高裁の国民審査です。

全くと言っていいほど、

情報をストップしていますよね。

 

しかも、✖を記入しない限り

信任したことになってしまう方法です。

 

情報を提供しないから、

関心がなく、

なにも記入しない。

 

なので絶対に信任される方法を

続けてきています。

 

これまで、ただの一度も

解任されたことがないのが

その証拠です。

 

つまり、形だけのものにされています。

選挙もそうなったら、

恐ろしいです。

 

私達は少ない情報の中でも、

自分の頭で考えて投票する必要があります。

 

子供たちが戦争に取られないように

しなければならないからです。